フィンペシアについて

AGA治療薬のジェネリック品として通販サイトでも人気のある「フィンペシア」ですが、どのような治療薬なのでしょうか?こちらのページではフィンペシアに関する気になる情報をまとめていきます。

まず、フィンペシアはシプラ社という製薬会社が製造販売しています。シプラ社をご存知ない方も多いかもしれませんが、インドに拠点をおいてあり、抗がん剤などを含む、多くの医薬品に携わっており、製造技術も素晴らしいようです。

日本では知らない方も多いと思いますが、インド内では3番目くらいに大きな製薬会社で、多くの治療薬を150か国以上で販売している実績もあります。個人輸入でも人気あるので、AGA治療薬としても気になる存在であることは間違いない。

副作用や注意点

フィンペシアの効果については、基本的にはプロペシアと同じと思っておいて問題ないでしょう。含まれている有効成分も「フィナステリド」ですので、ここに関しては別途、プロペシアページをご参照ください。

また、服用に関する注意点ですが、複数の項目がありますので、下記にまとめていきます。

・。

・服用しても良いのは基本的に20歳以上なので、未成年の使用はやめましょう。

・AGA治療薬は継続して服用するものです。服用をSTOPしてしまうと効果もなくなります。

・持病などで薬を飲んでいる方は併用禁忌薬に当てはまる可能性があるので注意が必要。

・個人輸入する時には偽物や怪しい通販サイトでは絶対に購入しない事。

・基本的意に1日に1錠の服用としていますので、用量・用法は守る事。

・子どもや女性が使用するのは厳禁ですので、安全な場所に保管する事。

などなど、気を付けるべきポイントはたくさんあります。正直、生半可な知識で購入したり、飲んだりすることは危険と言えるでしょう。

海外からの購入となるので、すべてにおいて安全とは言い切れないとは思いますが、ちゃんと正規品や正しい成分量を含む後発薬品を扱っている安全な通販サイトもあります。どこを信用するかは皆さん次第ですが、購入前には必ずいろんな情報を調べたり、気になる商品があるのならば、その商品名を調べて、AGA治療クリニックなどで相談してみると良いです。

ただし、病院で処方している治療薬も国内で製造しているものではありませんので、ご注意ください。

最後にフィンペシアまとめ

ここまでの情報はいかがでしたでしょうか?

いろいろとネットの情報やクリニックの情報を調べてまとめて書いてきましたが、正直なところ、個人輸入などで購入する日本の男性は多いのが現状です。やはり、海外からの輸入ですと価格も安く、お手軽に使い始める事ができるからです。

基本的には自己責任の上で、使用する事になりますが、情報は知っておいて損ありませんので、こちらのページにまとめているフィンペシアの内容もその一環として覚えておきましょう。

ページの先頭へ